一般的に低血圧は危険性が少ないと考えられる傾向がままあります。
WHOの基準では収縮期血圧100mmHg以下、拡張期血圧60mmHg以下を低血圧と定義されていますが、なかには日常的に血圧が低い人もいます。
したがってたとえ血圧が低めで低血圧傾向であっても、それが必ずしも命の危険性に繋がるとは言えません。
しかしながら、のちに触れますが身体的に何らかの症状や徴候がみられるようであれば問題となってくることがあります。
そもそも低血圧は本態性低血圧、症候性低血圧に大きく分類されており、本態性低血圧は特に明らかな病気がなく慢性的な低血圧を指し、症候性低血圧はケガなどによる大量出血や心臓の病気、自律神経の不調などによる低血圧を指します。
本態性低血圧は前述のように慢性的な低血圧で日常生活上ほとんど問題がみられないとされるものですが、一方で身体に何らかの症状や徴候が現れやすいのが症候性低血圧ということになります。

例えば疲労感や立ち眩み、体の冷えや睡眠不足などがみられるかどうかがポイントといえます。
血圧はそもそもの役割として心臓からの血液を脳を含め全身に循環させるための重要な働きをしています。
そして血圧の調節の働きをしている重要なひとつが自律神経系です。
したがって、自律神経の不調など何かしらの要因で生じる低血圧によって血液の循環が悪くなれば上記のような症状が起こりやすくなります。
こうした症状は心臓に病気がある場合や自律神経の調節不良、神経難病などによって生じることがあります。

これをふまえて、低血圧の危険性の有無について触れますが、結論としては場合によって命の危険性はありうるといえます。
つまり、低血圧が原因で起き上がった際の立ち眩みによる転倒から重篤な頭部外傷を引き起こす場合や、脳への血液循環が減少することによる脳梗塞の発症、さらには心臓の循環不全による心筋梗塞など命の危険性を左右する要因に繋がりかねません。

低血圧を改善する簡単な方法について

低血圧を改善するための簡単な方法について触れます。
まず低血圧症状が何らかの病気によるものであれば、まずは基本的に病気の治療を優先させる必要があります。
また、医学的治療だけでなく生活習慣を見直していくことも重要であり、低血圧を改善するための有効な方法を5つ挙げます。

食事

1つ目は、食事についてです。
低血圧の場合は朝の起床が辛いことが少なくないので朝食が食べられない場合があります。
しかし朝食を含めて3度の食事はきちんと食べるようにすることが大切です。
これは身体を動かすための栄養補給という観点と食事により代謝を高めて血圧を引き上げることを促す観点から重要です。

睡眠

2つ目は睡眠時間の確保やリズムを整えるようにすることが大切です。
睡眠時間が不規則になり、リズムが崩れると自律神経の不調を助長し疲労感をもたらす要因となりうるためです。

体温の保温

3つ目は出来る限り身体を保温する方法があります。
例えば朝シャワーを浴びるのも良いといえます。
朝シャワーで身体を温めることによって交感神経を刺激するとともに血液の循環を良くし血圧の引き上げの促し、そして体の冷えの改善に役立ちます。

水分補給

4つ目は適度な水分補給です。
水分を摂取することで血液の水分量が増し、同時に循環血液量が増すことが血圧上昇の促しに効果的です。

運動

5つ目は適度に身体を動かすことです。
血液循環において手足の先に流れた血液を心臓へ戻すためには筋肉の力が必要になります。
しかし、その筋肉の力の衰えは低血圧を助長させてしまう要因につながります。
したがって、適度な運動で筋肉を維持していくことが低血圧を改善させる方法として重要となります。
また、運動をすることで交感神経を高め血圧の引き上げを促しやすいということにもなります。