妊娠するとつわりや便秘、下痢などが発生することがあります。
お腹が大きくなると体への負担が大きくなりますし、腰痛になってしまう人もいるでしょう。
妊娠中は妊娠高血圧症候群にかかってしまうこともありますが、これは母体や胎児への影響が大きいとされているので注意が必要です。

妊娠高血圧症候群とは妊娠中に高血圧になるか、高血圧と蛋白尿が一緒に出てしまう病気の総称であり、妊娠20~32週未満で発症したものを早発型、妊娠32週以降に発症したものを遅発型と分類しています。
妊娠高血圧症候群は妊婦の約3~7%が発症すると言われており、重症化すると母子ともに命の危険があります。

妊娠高血圧症候群の原因についてははっきりと分かっていませんが、発症のリスクが高い人の特徴を知っておくと良いでしょう。
15歳以下の人や40歳以上の人、肥満の人、高血圧などの合併症がある人、初めての出産の人、母親が発症したことのある人などがかかりやすいと言われています。
遺伝などは仕方ないことですが、肥満の可能性がある場合はダイエットを行うと良いでしょう。

妊娠高血圧症候群はさまざまな病気の総称であり、代表的な疾患が妊娠高血圧なら高血圧のみが症状として出てきます。
また、高血圧による頭痛や眩暈が引き起こされることもあるでしょう。
特徴的な自覚症状としてはむくみがありますが、むくみは妊婦の多くに見られる症状であり、妊娠高血圧症候群による症状かどうかを見極めることは難しいとされています。
また、むくみが発生しても母体と胎児に悪影響を与えることはないとされています。

妊娠高血圧症候群が悪化した場合、高血圧になってしまうだけでなく、蛋白尿が出るようになってしまいます。
症状が悪化すると合併症を引き起こすこともありますし、母体や胎児への負担が大きくなります。

また、妊娠高血圧症候が悪化すると胎盤が分娩前に子宮壁から剥がれてしまうことがあります。
また、胎盤がうまく機能しなくなるため、胎児発育不全や胎児機能不全などを引き起こすリスクもあるとされています。
妊娠32週未満で発症する早発型の妊娠高血圧症候群は胎児発育不全や胎児機能不全が起こりやすいので注意しましょう。

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いについて

妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いについて知りたいという人もいるでしょう。
実はこの2つには違いがあるというわけではなく、呼び方が変わっただけで同じ病気のことを指しています。
妊娠すると妊娠前にはなかったさまざまな症状が体に起こってしまうことがあります。
以前は妊娠中に何らかの毒ができ、その毒によって症状が発生してしまうと考えられていました。

妊娠20週以降に高血圧がみられ、出産後12週までに血圧が正常に戻るのが妊娠高血圧症候群であり、これは20人に1人程度の割合で発症すると言われています。
この場合の高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上の状態を指しており、妊娠高血圧症候群になると拡張期血圧が上昇するという特徴があります。

以前は妊婦の高血圧や蛋白尿、むくみの症状が現れることを妊娠中毒症と呼んでいました。
しかし、最近では血管の病気であることが分かってきており、主な原因は高血圧であることも分かってきています。
そのため現在は高血圧を他の症状とは区別するため、妊娠高血圧症候群と呼んでいるということです。

妊娠高血圧症候群の原因についてはよく分かっていません。
肥満や塩分の過剰摂取が原因と考えられていることもありますが、妊娠中は胎児に必要な栄養素をしっかり摂取することが大切です。
妊娠高血圧症候群が悪化すると母親も胎児も危険な状態になってしまうことがあります。
できるだけ早く胎児を外に出すことが大切であり、場合によっては帝王切開が行われることもあるでしょう。

妊娠高血圧症候群になっても軽症の場合、体重管理や塩分制限による治療で十分です。
重症化した場合は血圧を下げる薬が処方されることもあるでしょう。
また、母体や胎児の状態によっては早い段階であっても帝王切開などを行い、治療を開始するというケースもあります。