血圧とは血管に流れる血流の圧力になります。
血液は心臓のポンプ機能によって全身を巡ります。
そのため血管は常に圧力がかかっている状態です。
その血圧が基準数値を超えて高くなると血管の内壁を傷つける恐れが高くなります。
それが高血圧と言う疾患です。

高血圧によって強い力がかかっている血管内壁では弾力がなくなり硬くなることで動脈硬化になります。
動脈硬化は心筋梗塞、脳卒中、腎不全の原因なります。
その高血圧とはどれぐらいの血圧のことを指すのでしょうか。

血圧には収縮期血圧と拡張期血圧があります。
収縮期血圧とは心臓が収縮して血液を全身に送り出している時の血圧です。
血圧を測定した時には数値が高い方を示すため「上の血圧」と呼ばれることがあります。
拡張期血圧は心臓が膨らみ血圧が最も下がっている状態を示しています。
一般的には「下の血圧」と呼ばれています。

高血圧の判断は病院や健診施設などで測定した時に収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上の状態を言います。
これを基準数値として診断します。
自宅で測定するとそこまで高くならないこともあります。
それは環境の変化が血圧に影響を与えているからで、自宅測定の場合は収縮期血圧が135mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上の状態を高血圧とします。

高血圧にも程度があり、収縮期血圧では20mmHgごとに、拡張期血圧では10mmHgごとに分類されます。
I度高血圧は収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の範囲で、生活習慣を修正することで改善することができます。
II度高血圧は収縮期血圧160以上、拡張期血圧100以上の範囲で、危険な状態になります。
突然倒れてしまうのもこの範囲の方が最も多くなります。
投薬などの治療によってI度高血圧に下げることが必要です。
III度高血圧は収縮期血圧180以上、拡張期血圧110以上の範囲で、かなり危険な状態です。
すぐに医療機関での治療が必要です

オムロンのチューブがない血圧計とアプリで管理

オムロンが発売した血圧計はチューブレスです。
従来の血圧計のように測定器本体と腕にはめるカフがチューブで繋がったものとは違い、カフだけの一体型です。
そのため置き場所にも困ることがありません。

測定しない時はどこか邪魔にならないところに置いておいて、気になった時に腕にはめて測定することができます。
カフには見やすい有機ELディスプレイがついていて測定結果はもちろんエラーもくっきりと表示することができます。
チューブがないため経年劣化による破断などの不具合が起きにくいものメリットのひとつです。
そのほかにも本体につながる線はなく、単四乾電池4本で動かすことができます。

従来のチューブ式のものではカフが一体型になっているため腕に巻きつける時の位置を気にする必要はありませんでした。
カフのみになると向きが自由になるため、巻きつけた時に位置が適切でない恐れがあります。
そのためこの製品特有の「カフぴったり巻きチェック」機能がついています。
測定のたびにカフが適切な強さで負けているかをチェックして画面で案内をしてくれます。

この製品にはプリンターがないため、日々の結果を記録したいと言う方には物足りないかもしれません。
でもオムロンから提供されているスマートフォンアプリを使うことで今まで以上に毎日の管理ができるようになります。
このアプリはBluetooth通信機能によって血圧計からデータの転送を受けます。
そしてそのデータを毎日蓄積してグラフにすることができます。

今まで紙で保管していた時にはわからなかった週間の血圧の推移や異常値などが瞬時に確認することができます。
自分の記憶に頼らなくてもしっかりと血圧の管理をすることができます。